item-s design  てがつたえる、てをつたえる、こころをつたえる

item-s designはデザインオフィスです.

主にプロダクトデザイン(工業デザイン)を中心に、製品の外観(スタイリング)のデザイン、製品のデザイン企画、商品企画、及び企業の事業企画をコンサルティングしています.

デザインは単に「見栄えのよいカタチ」を作るだけではありません.御社の考え方、顧客にアピールしたい点を整理して、解りやすく伝える為のコミュニケーションツールです.

その為の方策を、商品のデザインを中心にして御社と一緒に考える活動を致します.

また、伝統工芸を現代の生活にマッチさせるデザインを目指しています.

news

「京都の伝統工芸で障害のある方が働く可能性を考えるミニシンポジウム」に参加しました

2016 年 11 月 28 日

2016年11月28日に開催された、京都市主催の伝統工芸の継承×障害のある方の雇用 The< NEXT >CRAFTMAN KYOTO 「京都の伝統工芸で障害のある方が働く可能性を考えるミニシンポジウム」にパネリストの一人として登壇しました.また、その様子が12月22日の朝日新聞京都版に掲載されました.

「京都市『東山の未来』区民会議」に参加しました

2016 年 11 月 10 日

2016年11月10日に開催されました「京都市『東山の未来』区民会議」に、学識経験委員として参加しました.

デザイン誌AXISに掲載されました

2016 年 11 月 1 日

デザイン誌AXISのvol.184の連載「産学連携の正しいやり方」に、東山区と京都造形芸術大学との連携プロジェクト「手しごと職人のまち東山活性化プロジェクト」の指導教員として取材を受けたものが掲載されました.